本棚ブログ

本の内容説明や、特定のテーマに沿った本の紹介、気候変動や持続可能性など社会的なテーマをデータに基づき解説します。

SDGsの基本と企業への導入ー沖大幹他「SDGsの基礎」ー

この記事の初めと終わりの章はSDGsに関する一般的な内容で、真ん中の章は企業への導入に関した内容です。

SDGsの基礎

SDGsの基礎

 

 

SDGsの基本的な知識

SDGsの基本的な知識として重要な事項を以下でピックアップして説明したいと思います。

SDGs(Sustainable Development Goals)とは?

2015年の国連総会で採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」、日本語では「持続可能な開発目標」

5つのキーポイント

1. 途上国から先進国まで全世界、全地域共通の目標

2. 産学官民、全セクター、市民一人ひとりが主役

3. 誰一人取り残さない

4. 3領域(経済、社会、環境)、17ゴール、169ターゲット

5. 2030年が目標の期限

引用:筧裕介著|「持続可能な地域のつくり方ーー未来を育む「人と経済の生態系」のデザイン」

SDGsの17の目標

 1. 貧困をなくそう

 2. 飢餓をゼロに

 3. すべての人に健康と福祉を

 4. 質の高い教育をみんなに

 5. ジェンダー平等を実現しよう

 6. 安全な水とトイレを世界中に

 7. エネルギーをみんなに そしてクリーンに

 8. 働きがいも 経済成長も

 9. 産業と技術革新の基礎を作ろう

 10. 人や国の不平等をなくそう

 11. 住み続けられるまちづくりを

 12. つくる責任 つかう責任

 13. 気候変動に具体的な対策を

 14. 海の豊かさを守ろう

 15. 陸の豊かさも守ろう

 16. 平和と公正をすべての人に

 17. パートナーシップで目標を達成しよう

さらにそれぞれの目標に合計169のターゲットが含まれますが、ここでは割愛します。

SDGsの捉え方ー5つのPー

SDGsを理解する手助けとなるものとして、以下の5つのPが提案されています。 ※()内は対応するSDGsの目標

People(人間):あらゆる形態の貧困と飢餓に終止符を打ち、尊厳と平等を確保する(1, 2, 3, 4, 5, 6)

Prosperity(豊かさ):自然と調和した、豊かで充実した生活を確保する(7, 8, 9, 10, 11)

Planet(地球):将来の盛大のために、地球の天然資源と気候を守る(112, 13, 14, 15)

Peace(平和):平和で公正、かつ包摂的な社会を育てる(16)

Partnership(パートナーシップ):確かなグローバル・パートナーシップを通じ、アジェンダを実施する(17)

国連広報センター|SDGsを広めたい・教えたい方のための「虎の巻」 (https://www.unic.or.jp/files/UNDPI_SDG_0707.pptx)より

プラネタリーバウンダリーとは?

持続可能な開発を考える上で重要な地球の限界を示す概念で、以下の項目が

人間が安全に生活できる範囲内にとどまれば、人間社会は発展・繁栄することができるが、境界を超えると、人間が依存する自然資源に対して、回復不能な変化が引き起こされる

というもの。

1. 生物圏の一体化(生態系と生物多様性の破壊)

2. 気候変動

3. 海洋酸性化

4. 土地利用変化

5. 持続可能でない淡水利用

6. 生物地球化学的循環の妨げ(窒素とリンの生物圏への流入

7. 大気エアロゾルの変化

8. 新規化学物質による汚染

9. 成層圏オゾンの破壊 

MDGsミレニアム開発目標)との違いは?

SDGsの前身として2000年に採択されたミレニアム開発目標MDGs)があります。

1. 極度の貧困と飢餓の撲滅

2. 初等教育の完全普及の達成

3. ジェンダー平等推進と女性の地位向上

4. 乳幼児死亡率の削減

5. 妊産婦の健康の改善

6. HIVエイズマラリア、その他の疾病の蔓延の防止

7. 環境の持続可能性確保

8. 開発のためのグローバルなパートナーシップの推進

外務省|(ODAミレニアム開発目標MDGs(https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/mdgs.html)より

同じ開発目標で同様に見えますが、MDGsSDGsとの大きな違いがあります。

MDGsは途上国の開発問題が中心で、先進国はそれを援助するという形であったのに対し、

SDGは開発目標だけでなく、経済・社会・環境の3側面に対応し、先進国にも共通の課題としている点です。

SDGsよりもMDGsは見聞きする機会が少なく感じましたが、こういった背景があったからかもしれません。

このMDGsからSDGsへの拡張は、気候変動への危機感への高まりなど、解決に世界的な取り組みが必要な課題への注目度が増していることが一つの要因でないかと思います。

SDGsの日本企業への導入

本書の目的

この本は市民向けというよりは企業や自治体など専門機関向けという印象で、書き方も学術的な記述がされているように感じました。

この本の目的としても、

以下の課題に対し解決策を示すこと

・企業がSDGsに取り組む意義を整理したい。

・環境やCSRに関するセクション以外への理解度を高めたい。

・社内へのSDGsの浸透を進めたい。

・経営への統合、経営計画やビジョンへの連動を進めたい。

とされていますので、企業向けだと思います。

SDGsについての市民・コミュニティ向けであれば、こちらの本がより合っていると思います。

woodyblog.hatenablog.com

持続可能な地域のつくり方――未来を育む「人と経済の生態系」のデザイン

持続可能な地域のつくり方――未来を育む「人と経済の生態系」のデザイン

  • 作者:筧裕介
  • 発売日: 2019/05/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

SDGs導入のメリット

日本の企業にSDGsの導入を促すために、企業活動にどのようなメリットがあるかを詳しく説明しています。

日本企業へのSDGsのメリットとして、

・新事業の開発

企業価値の向上

ステークホルダーとの関係強化

が挙げられています。

新事業の開発については、SDGsの目標という「課題」に、自社の経営資源という「ツール」を照らし合わせることで、新しい分野を拓くことができます。

企業価値の向上については、そのまま企業のCSR(社会的責任)につながります。

ステークホルダーとの関係強化については、SDGsは人や事象の「連携」を強く意識しています。

経営課題をSDGsに照らし合わせて進めることで、顧客や従業員といった企業に関わる人とのパートナーシップを強めることにつながると考えられます。

優先課題の決定

SDGsを導入するにしても、17の目標は幅が広すぎるように感じます。

日本企業が導入する際にはSDGsの目標よりも、それを受けて日本政府が設定した8つの優先課題が参考になると思います。

日本政府が掲げる8つの優先課題を見ていきます。※()内は対応するSDGsの目標

①あらゆる人々の活躍の推進(1, 4, 5, 8, 10, 12)

②健康・長寿の達成(2, 3)

③成長市場の創出,地域活性化,科学技術イノベーション(2, 8, 9, 11)

④持続可能で強靱な国土と質の高いインフラの整備(2, 6, 9, 11)

⑤省・再生可能エネルギー,気候変動対策,循環型社会(7, 12, 13)

生物多様性,森林,海洋等の環境の保全(2, 3, 14, 15)

⑦平和と安全・安心社会の実現(16)

SDGs実施推進の体制と手段(17)

首相官邸SDGsアクションプラン2018(https://www.kantei.go.jp/jp/singi/sdgs/pdf/actionplan2018.pdf)より

企業としては、ターゲットを8つの優先課題から定め、それに付随するSDGsの目標を意識した経営方針を進めるといった形になるように思います。

導入ガイド

実際に企業がどのようにSDGsを活用していくかについては、環境省「持続可能な開発目標(SDGs)活用ガイド」というものを以下のページで公開しています。

環境省_持続可能な開発目標(SDGs)の推進

 このガイドでは現在企業が置かれている状況やSDGs導入の意義を説明した上で、先進的な事例を挙げるとともに具体的な取り組みの進め方を紹介しているようです。

またSDGsコンパス」というSDGsの企業への導入指針があり、以下のステップで示されます。

ステップ1:SDGsを理解する

ステップ2:優先課題を決定する

ステップ3:目標を設定する

ステップ4:経営へ統合する

ステップ5:報告とコミュニケーションを行う

SGDsとその先

SDGsによる転換

問題が発生したら解決をはかる、という従来の問題追従型(フォワードキャスティング)から、目標を設定してその実現をはかる、という目標追求型(バックキャスティング)への移行が、SDGsが求める大きな転換だとしています。

SDGsに欠けている視点

SDGsは万能というような印象を抱く記述が書籍やWebサイトでは多いように思います。

そんな中、SDGsに欠けている視点をしてきしているのは本書です。

会議に参加し、成立までの流れを見てきた人物が著者に加わっているがゆえの特色だと思います。

例えば、野放図な宇宙開発の抑制や核の平和利用、地雷除去、宗教、LGBT、人口動態に関する目標など、価値観によって意見が異なるような問題は避けられている、と指摘しています。

また、社会的利益の追求に関する目標が多く、精神的な豊かさに関する目標は少ないことも指摘しています。

例えば、知的好奇心の充足、スポーツ、アート、エンターテイメントなど、より良い未来社会に不可欠な要素は含まれていないとしています。

そのあたりがSDGsの先にあるような、今後の国際的な目標になるのでは、と指摘されています。

SDGsに関する書籍は実践する側のものが多いと思いますが、立案に関わった人の目線で書かれている部分もあり、より深い理解につながると思います。

 

関連する記事はこちら

woodyblog.hatenablog.com

woodyblog.hatenablog.com

woodyblog.hatenablog.com

表記のない本記事内のすべての引用:沖大幹他著|「SDGsの基礎」